product design Japanese beatiful design

Kyo-Uchiwa Aiba 京うちわ 阿以波 都の風 涼の美

更新日:

日本の文化、アート、プロダクトに興味をお持ちの世界中の皆様へ。 日本で、日本から何を買おう、選ぼう、そんなお悩みを解決します。Red Doors Japanでは毎日の生活の中で使いたい、身近に置いておきたい、現代のインテリアにもなじむ、シンプルで洗練されたデザインの商品をご紹介しています。

京うちわ 阿以波 Kyo-Uchiwa Aiba

特大型うちわ、特型両透うちわ、並型両透うちわ、並型片透うちわ、葵型片透うちわ、細並型両透うちわ、小丸型透うちわ、新小丸型片透うちわ、木版うちわ、大並型透かしうちわ(実用)、舞扇(大並型)

今日ご紹介するのは京うちわ 阿以波。元禄2(1689)年から京都でうちわを作り続ける老舗、阿以波。デザインのバリエーションも豊富で、その美しさは飾ってよし、あおいでよし。四季折々の花鳥風月をあしらったうちわ、特にすかしうちわがすばらしく、飾って眺めているだけで涼しく感じること請け合いです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomomiさん(@tomomi.eau)がシェアした投稿

モダンな空間に日本の伝統工芸品

 

この投稿をInstagramで見る

 

TAKEさん(@takekkkkk)がシェアした投稿

京都の阿以波ショップのディスプレイ

 

この投稿をInstagramで見る

 

船さん(@kuchifune)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

kazumi_ok_nsさん(@kazumi_ok_ns)がシェアした投稿

こんなモダンなデザインも素敵

 

この投稿をInstagramで見る

 

@____jedi____がシェアした投稿

動画で見る阿以波 / Kyo-Uchiwa Aiba

About Kyo-uchiwa 京うちはとは

京うちわは、うちわ面と柄を別に作り、後から柄を差し込む「差し柄」の構造となっているのが大きな特徴です。宮廷で用いられた「御所うちわ」をルーツとしており、柄はしばしば漆に金彩を施すなど、優美な趣も魅力です。阿以波では、うちわの骨となる竹の加工から紙の張り合わせ、仕上げまで、すべてを手作業で行います。竹は丹波の四~五年もの、紙は越中・八尾(やつお)の手漉き楮(こうぞ)紙を、柄の部分は栂(とが)・杉材を用いるなど、国内産の材料にこだわっています。

うちわの種類

・両透かし(飾り用)

季節の花や絵画のように目で楽しむ、インテリアとしてのうちわです。
90~120本の骨を細かく並べた上に、扇面いっぱいに繊細な切り絵細工が施されたこだわりの逸品です。

・両透かし(実用)

透かし柄はアクセントとして入り、扇面全体でしっかり風を受けるので、実用品としてお使いいただけます。

・片透かし

飾りうちわの繊細な技法はそのままに、しっかりと風を送る実用うちわです。

・木版
江戸時代から残る木版を使い、伝統的な版画の技法で仕上げたうちわです。
1~数色の版を使った木版うちわは、色違いも含めてヴァリエーション豊富です。

以上阿以波公式サイトより引用

お店の住所:京都市中京区柳馬場通六角下ル
営業時間: 9:00~18:00
定休日: 日曜日・祝日(4月~7月は18:00まで無休営業)

通販でお取り寄せ出来る、ギフトとして贈ることが出来る阿以波の京うちわ

著者が運営する姉妹サイト、赤門商店街で通販でお取り寄せ出来る阿以波の京うちわをご紹介しています。

赤門商店街

-product design, Japanese beatiful design

Copyright© Red Doors Japan , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.