天童木工 ムライスツール 日本の美しい椅子 成形合板の組み合わせのみで作られた美しいデザインのスツール

Murai Stool

日本の美しい椅子!成形合板の組み合わせのみで作られた美しいデザインのスツール、田辺 麗子(Reiko Tanabe)さんの代表作、天童木工のムライスツール(Murai stool)をご紹介します。

Murai stool(ムライスツール)
Design : 田辺麗子

1961年、第1回天童木工デザインコンクールで佳作に選ばれたスツールです。
シンプルで美しいフォルムは、金具を使わずに3枚の成形合板で構成しています。中心に向かって木目を合わせるなど、細部の仕上げにもこだわりました。
サイドテーブルとしても、または重ねてシェルフのようにも使えるこのスツールは使い勝手にも優れています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

天童木工さん(@tendo_mokko)がシェアした投稿

みなさんこんにちは 美しい日本をご紹介するレッドドアーズのブログへようこそ

今日ご紹介するのは日本を代表する家具メーカー「天童木工」の「ムライスツール」です。 ムライスツールは、1961年のデザイン。 第1回天童木工家具コンクールに入賞し、商品化されました。 3つの同じ成形合板の部材を組み合わせた幾何学的な造形と、 スツールやテーブル、棚など多目的に使えるデザインで、1967年、MOMAニューヨーク近代美術館に収集されています。1966年にはグッドデザイン賞を受賞しています。

成形合板の組み合わせのみで作られた美しいデザインのスツール、田辺 麗子(Reiko Tanabe)さんの代表作、天童木工のムライスツール(Murai stool)をご紹介します。

DESIGN

接手の美しさ。
木と技を活かす幾何学スツール。

ITEM NO. | S-5026TK-NT
DESIGN | 1961 // 田辺麗子

面を折り曲げたような幾何学的なデザインは、
どの面を下にしても、必ず水平面が上になるように考えられたかたち。
独特の安定感が感じられるフォルムです。

このまま座っても、小さなテーブルとしても。
積み重ねて棚のようにも使える、使い手の想像力がかきたてられるスツールです。

同じ形の成形合板を3つ組み合わせたシンプルな構造には、釘などの金具を使用していません。隠し雇い実接ぎ(かくしやといざねはぎ)と呼ぶ、熟練した職人の技量が存分に活かされています。

ムライスツールはデザインコンクールから生まれたモデル。
1961年、第1回天童木工デザインコンクールで入賞した当時、デザイナーである田辺麗子氏の旧姓をとってこの名前がつきました。

1967年、ニューヨーク近代美術館(MOMA)のキュレーターの目に留まり、バタフライスツールと同様パーマネントコレクションに所蔵された名作です。天童木工HPより引用させていただきました。

【MOMA永久展示】天童木工/田辺麗子/ムライスツール

MOMA[ニューヨーク近代美術館]のコレクションに選定された天童木工/田辺麗子デザインのムライスツール。

天童木工/田辺麗子デザインのムライスツール。天童木工/田辺麗子/ムライスツールは、1961年、第1回天童木工家具デザインコンクールに入賞した作品が商品化されたものです。天童木工/田辺麗子/ムライスツールは、同形3枚の成形合板を組み合わせた、幾何学的なおもしろさと、スツールやテーブルなど多目的に使える柔軟性の高いデザイン。天童木工/田辺麗子/ムライスツールは、1967年、ニューヨーク近代美術館にコレクションとして収集されました。

サイズ W450×D434×H360mm
材質 表面材・チーク柾目
デザイン 田辺麗子 1961
メーカー 天童木工・日本製

-隠し雇い実接ぎ
板と板を接ぐのは、2mm厚の雇い実を使っています。
互いが重なりあうことで全体の強度を維持しています。
このスツールの製作でもっとも難しい仕事。一点一点熟練の職人が仕上げます。

-Wood
チーク板目
世界三大銘木とよばれるチーク・マホガニー・ウォールナットのうちのひとつ。
琥珀色の美しい色合いと、縞が特徴の高級木材です。どの方向から見ても欠点のない材を使用しています。

熟練の職人が手がける“一生もの”の家具
天童木工の家具は、木の薄い板を合わせてつくった「軽くて強い」成形合板でできています。加工するのは、国家資格を持つ技能士の職人たち。なかには、全国で8名しかいない「マイスター」の称号を持つ技術者も!繊細な手仕事で生み出される家具は、どれも一級品です。

天童木工とは

四季折々の変化に富んだ舞鶴山の景観
明治の初頭より歴史を連ねる由緒ある温泉地など
美しい自然と数々の名所を誇る山形県天童市は
古くから将棋の駒をはじめとする木工業の
盛んな街としても知られています。
「山形の人間が、天童の人間が作るから価値がある」
先人たちにこう言わしめた、山形の職人気質は
天童木工で働く職人の誇りであり、かつブランドです。
1940年の創業から今日まで、天童木工は
誕生の地、天童から、数々の製品を送り出しています。

良質な家具の量産を可能にする技術として誕生した成形合板。
この技術を日本でいち早く取り入れた天童木工は
量産技術の確立だけではなく、美しさへの挑戦も行ってきました。
その背景には、剣持勇氏、柳宗理氏など
当時の日本を代表するデザイナーや、丹下健三氏をはじめとする
世界的な建築家たちの存在が関係しています。
薄くても強度を保てる成形合板は、無垢材では出せない
複雑な曲面やフォルムを可能にします。
この技術が、デザイナーや建築家の斬新な創造力を刺激しました。
彼らの美しさに対する飽くなき追求は
豊かな曲面を描く「3次元プレス成形」や
美しさの中に強さを秘めた「コマ入れ成形」などの
高度な職人技を生む原動力にもなりました。
美しさもまた、世代を超えて愛される家具に重要な性能です。

天童木工HPより

株式会社天童木工

天童木工 (家具の教科書シリーズ) 天童木工について詳しく知りたい!そんな方にはこちらの本がおススメ!

日本近代デザインの金字塔とも評される柳宗理の「バタフライスツール」。この名作の製造を担当したのが山形県のメーカー、天童木工である。柳をはじめ、剣持勇、ブルーノ・マットソンらが多くの巨匠が、この地方の一メーカーにこぞって協働を求めた理由とは? 本書では、天童木工開発部に40年近く勤めた菅澤光政(現東北芸術工科大学非常勤講師)が、メーカーの歴史と本質的な魅力を綿密に綴っている。技術者でもある菅澤が、名作家具それぞれの工法について記した技術解説も読み応えあり。天童木工に関する初の体系的な書籍であり、日本の家具デザインの真髄を堪能できる、ファン待望の一冊だ。

著者が運営する姉妹ブログもよろしくお願いします!

こんな商店街がある街に住んでみたいな!ネット上の仮想商店街、赤門商店街

空想上の家族、赤門家の通販生活を描く人情物姉妹サイト 赤門重蔵 赤門家の通販生活

タイトルとURLをコピーしました