スタイリスト、バイヤー、キュレーターでもある著者がセレクトする、日本の優れたプロダクト、日用品、雑貨、伝統工芸品、名産品、食品、お土産等をご紹介します。皆さんの口コミも!

COOL JAPAN 美しい日本を探そう!

広告




日本全国のお土産、グルメ、日用雑貨、贈り物

けっこいの~香川県!香川県、高松から通販でお取り寄せしたい人気お土産、グルメ、お洒落な日用雑貨、贈り物をセレクト!

更新日:

Las islas que todo amante del arte debe visitar | Naoshima Japón | Alan por el mundo

庵治石、プライウッドのお皿、さぬきうるし、竹の丸亀うちわ、和三盆ブリュレ!外国人観光客にもおすすめしたい!香川県に観光に行ったら手に入れたい素敵なお土産、グルメ、スイーツ、日用品、特産品、名産品、工芸品、雑貨、贈り物、ギフト商品を通販でお取り寄せ出来るたくさんの商品の中からスタイリストでもある著者が選んでみました。

みなさんこんにちは レッドドアーズのブログへようこそ

香川県に行くことになった!直島には絶対行きたいな!お土産は何を買ったらいいのかな?みんなに贈るものはちょっと洒落たものがいいな!かわいいものがいいな!美味しいものがいいな!自宅用には家で使えるきれいな食器やモダンな焼き物の器が欲しいな!さあ、どうしよう、そんな悩みを解決します!スタイリストが選ぶ、素敵な日本のお土産、香川編!

ネット通販でお取り寄せ出来る香川県の素敵なお土産、グルメ、食品、日用品、特産品、名産品、工芸品、雑貨、贈り物、ギフト商品のおススメはこれ!

■\純生/うどん 讃岐うどん 3種類から選べる本場讃岐うどん 最大10人前 送料無料 うどん選手権優勝! 楽天ランキング1位入賞 うどんバカ店長


\純生/うどん 讃岐うどん 楽天

当店の讃岐うどんは魂が完成させた本場本物の讃岐製麺工場よりお届け致します!

■【鎌田醤油公式】 <お試し用・プチギフト>だし醤油 3ヶ入 (200ml)調味料 和食 出汁 鰹節 ギフト 国産 かつお 贈答品 醤油 しょうゆ しょう油 出汁 だし ダシ 和風だし 醤油だし めんつゆ かけ醤油 うどんつゆ 煮物 昆布 こんぶ さば節 厳選素材 老舗 万能 送料無料


【鎌田醤油公式】 <お試し用・プチギフト>だし醤油 楽天

【創業220余年】老舗醤油屋が作る かけて良し 料理調味に良し うすめてだしに良し
これ一本でご家庭でも料亭の味わい!

普通濃口醤油の塩分より25%減塩した風味豊かな「だし醤油」、当社のロングセラーです。醤油の名産地讃岐の天然醸造醤油に、日本全国から厳選したさば節・かつお節・昆布の天然材料のだしをブレンドしております。

■和三盆ブリュレ

讃岐が誇る名産、讃岐和三盆糖を使って風味良く焼きあげたバームクーヘンの表面にキャラメリゼしてほろ苦さをプラスしたパリッとしっとりバームブリュレ和三盆。表面のカラメル層はパリッと香ばしくバウムクーヘンの生地はしっとりやわらか。贈り物や手土産などのギフトに大人気です。

■うどんだけじゃない、讃岐国三豊のおいしいもの



うどんだけじゃない、讃岐国三豊のおいしいもの

■【香川県】AJI PROJECT(アジプロジェクト)/LUNA インテリア 伝統工芸

花崗岩のダイヤモンドとも呼ばれる、香川県高松市の東部で産出される日本の最高級銘石「庵治石」で作られた照明器具、オブジェです。現代的なデザインとアイデアで魅力的なインテリアが生まれました。

■【香川県】AJI PROJECT(アジプロジェクト)/TONE Mサイズ

■【香川県】AJI PROJECT(アジプロジェクト)/OISEAU オブジェ

■【香川県】AJI PROJECT(アジプロジェクト)/moon プレート お皿

■【香川県】AJI PROJECT(アジプロジェクト)/LINE プレート

■【香川県】AJI PROJECT(アジプロジェクト)/BLOSSOM プレート

■【香川県】AJI PROJECT(アジプロジェクト)/LINE マット

■【香川県】AJI PROJECT(アジプロジェクト) LAYER /Trio

■【香川県】AJI PROJECT(アジプロジェクト)/ROCK PINS コースター

■【香川県】AJI PROJECT(アジプロジェクト)/TSUTSU S

■【香川県】AJI PROJECT(アジプロジェクト)/OUNCE 鍋敷き

■プライウッドのお皿 NPD Marron L シナノキ・シオジ・ウォルナット(胡桃)

■香川県/さぬきうるし未来創造団体 森羅sinra うるしの器/ショットグラス(赤)

■香川県/さぬきうるし未来創造団体 森羅sinra うるしの器/ショットグラス(青)

■香川県/さぬきうるし未来創造団体 森羅sinra うるしの器/ショットグラス(緑)

■香川県/さぬきうるし未来創造団体 森羅sinra うるしの器/ショットグラス(茶)

■竹の丸亀うちわ(金魚柄)手作りのうちわ/讃岐の丸亀竹うちわ


竹の丸亀うちわ(金魚柄)手作りのうちわ/讃岐の丸亀竹うちわ 楽天

平たい竹の持ち手が握りやすく、扇ぎやすい「丸亀うちわ」は、
江戸時代から金比羅詣りの土産品として親しまれてきた
香川県の名産品です。

■竹の丸亀うちわ(水玉柄)手作りのうちわ/讃岐の丸亀竹うちわ


竹の丸亀うちわ(水玉柄)手作りのうちわ/讃岐の丸亀竹うちわ 楽天

■竹の丸亀うちわ(花柄)手作りのうちわ/讃岐の丸亀竹うちわ


竹の丸亀うちわ(花柄)楽天

平たい竹の持ち手が握りやすく、扇ぎやすい「丸亀うちわ」は、
江戸時代から金比羅詣りの土産品として親しまれてきた
香川県の名産品です。

沖縄紅型染をイメージする柄の紙張りとなっています。

地球温暖化を防ぐ日本の伝統的エコグッズ「丸亀うちわ」を
どうぞご愛用いただき、暑い夏を乗りきってください!

■直島誕生――過疎化する島で目撃した「現代アートの挑戦」全記録


直島誕生――過疎化する島で目撃した「現代アートの挑戦」全記録

“現代アートの聖地”はなぜ、どのようにして生まれたのか?
仕掛け人が明かす圧巻のドキュメンタリー

「一生に一度は訪れたい場所」として、国内のみならず
世界中から観光客がこぞって押し寄せる、瀬戸内海に浮かぶ島・直島。
そこは、人口3000人ほどの小さな島ながら、草間彌生や宮島達男、安藤忠雄ら
錚々たるアーティストたちの作品がひしめきあう「現代アートの聖地」となっている。

世界に類を見ないこの場所は、いったいなぜ、どのようにして生まれたのか?

今まで、その知名度とは裏腹にほとんど語られてこなかった誕生の経緯を、
1991年から15年間、ベネッセで直島プロジェクトを担当し、
「家プロジェクト」や地中美術館などの画期的な作品群・美術館を生み出した
仕掛け人が、2006年に島を離れて以降初めて、自らの経験をもとに語り尽くす。

そこには、暗闇のなかでも諦めずがむしゃらに挑戦し続けるひとりの人間の姿があり、
その苦闘の末に生み出されるのは、あらゆる理不尽を飲み込み
時代を超えて受け継がれる奇跡のようなアートの数々である。

瀬戸内海に浮かぶ、人口3000人ほどの小さな島・直島。
本州の岡山県と四国の香川県の間に位置するこの島に、現在、年間約72万人もの観光客が押し寄せている。
今では現代アートがひしめく島として知られ、国内有数の観光地となった直島に僕が関わったのは、およそ27年前のことだ。

今の、人が押し寄せる状況を知っている人からすれば想像もできないほど、当時はまったくもって静かな島であった。
ほかの島と同様に過疎化と高齢化に苦しみつつ、
一方で昨日が疑いなく今日に続いていると確信できるほど、のどかで、のんびりとした空気が漂っていた。
周囲に広がる瀬戸内海の穏やかな海に囲まれ、そこにあっけらかんとした光が燦々と降り注ぐ。
こののどかさが、いつまでも変わることなく続いていくのではないかとさえ思える場所であった。

ところがあるとき、ひょんなことから現代アートと関わるようになる。
そしてそれ以降、島は大きな変貌を遂げていった。
それは、“劇的な”とでも形容したくなるような、とてつもなく大きな変化であった。

そのままでいれば時代の後方についていくのがやっとで、ともすれば忘れられていくしかなかったような島である。
それが、あるときを境にどうしたわけか大逆転し、時代の最先端に躍り出ていったのだ。
それも日本はおろか、世界的な場所として、である。
現代アートという狭い世界のできごとではあるが、諸外国の一流の美術雑誌に取り上げられ、
世界の現代アートファンが憧れてやまない伝説的な場所へと変貌していった。

ものごとには、はじまりがある。
そして、そのはじまりがどんなものであったかで、その将来の姿が決まると言われる。
つまり、はじまりを見れば、そのものの本質が見えるということだ。
その観点から言えば、はじまりの直島でどんな時間が過ぎていたかを振り返るのも、あながち意味のないことでもないだろう。

それでは、どんな直島時間が流れていたのだろうか。時計を25年前に巻き戻してみよう。
まちづくりか、企業の宣伝か、それともアートの実験か?
(「PROLOGUE」より一部抜粋)

■Casa BRUTUS(カ-サブル-タス) 2018年8月号 [瀬戸内シティガイド]


Casa BRUTUS(カ-サブル-タス) 2018年8月号 [瀬戸内シティガイド]

瀬戸内シティガイド
SETOUCHI CITY GUIDE

建築、アート、ローカルフードを巡る夏の旅。
直島のアートサイトや芸術祭で注目を集めた瀬戸内エリアは、
名作建築、美術館、そしてローカルフードの宝庫であり、
いまや世界中の人たちの憧れの旅先となっています。
夏の眩しい日差しが似合う瀬戸内海の旅を満喫する秘訣は、
香川、岡山、愛媛、広島を寄り道しながら回遊すること。
瀬戸内をひとつの文化圏として捉えた新しいシティガイドです。

・一筆書きの瀬戸内案内。
・直島・豊島・犬島、アートの旅。
・直島、豊島、犬島を2泊3日で攻略。
・モネの「睡蓮」を訪ねる。
・街に息づく巨匠たち。
・ちょっと遠いうどんが、一番おいしい。
・ぼくの瀬戸内案内。文・岡本 仁 写真・濱田英明
(香川編、岡山編、愛媛編、広島編)
・渋い建築ツアー。
・眼福と満腹の美術館めぐり。
・街に一軒、常連になりたい店。
・街を歩けば出会える、路上アート。
・しまなみ海道3DAYSホッピング。
・旅は腹が減るし喉も渇く。
・くるみの木・石村由起子が選ぶ瀬戸内みやげ。
・帰り道は、寝台列車で。

Red Doorsからのメッセージ

私はこれまで長きにわたりスタイリスト、バイヤー、エージェントとして世界中を駆け回って仕事をしてまいりました、海外からのお客様、友人を日本に迎える機会も多く、接待やらお土産やら、いろいろ世話を焼くことになります。もちろん海外に行けば素敵なお土産をもらったり、世話を焼かれることも多数でございます。相手の喜ばれるお顔を見るのは本当にうれしいもの。それまでの苦労も疲れも吹き飛んでしまいます。

特にお土産選びは気を抜けない!だってスタイリスト、バイヤーとしての能力が試されるから!日本、あるいはその地方ならでは!のもので子供だましじゃなくって美味しくて、美しくて楽しくて作り手の熱意と情熱と歴史が感じられて世界の人をびっくりさせるようなもの。うーん難しい!

そんなわけでお土産探し、今や全国の主要なお土産、名産品はネット通販でお取り寄せ出来るようになりました。その商品ページを見れば生産者の歴史や背景、作り手の想いなどが手に取るようにわかります。レヴューもありますし。ただ、数が多すぎる!迷ってしまいます。時間もかかる。そこで、年齢を重ねて、何かと人のお役に立つのが生きがいになってきた私、皆様が時間と手間をかけずに、ちょっと洒落たお土産、商品をセレクトできるブログを運営することといたしました!販売店によっては海外への配送も可能になっています。日本の皆様はもとより、日本が好き!行ってみたい!もうすぐ行くよ!行ってきたよ!そんな世界中の皆様、よろしければどうぞ当ブログをご利用くださいませ♡

■全国版!おススメの人気お土産、グルメ、日用雑貨、贈り物

著者が運営する姉妹ブログもよろしくお願いします!

■こんな商店街がある街に住んでみたいな!ネット上の仮想商店街、赤門商店街

■空想上の家族、赤門家の通販生活を描く人情物姉妹サイト 赤門重蔵 赤門家の通販生活

こちらの記事もどうぞ!

広告




-日本全国のお土産、グルメ、日用雑貨、贈り物

Copyright© COOL JAPAN 美しい日本を探そう! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.