山梨県で人気の地ビール クラフトビール 八ヶ岳ビール ふじやまビール 富士桜高原麦酒 通販で買える美味しい山梨ビール

日本のビール

さあ、今日も仕事が終わったら美味しいビールを飲もう!ビールにはいくつか種類があって、表面に浮かぶ酵母で発酵、製造された、上面発酵のエールビール、タンクの底に沈む酵母で発酵、製造された下面発酵のラガービール、自然の酵母や微生物により発酵させる、自然発酵のビールなんていうのがあるらしい。八ヶ岳ビール タッチダウン、ふじやまビール、富士桜高原麦酒。こちらでは一度は飲んでみたい、山梨県で大人気の地ビール、通販でもお取り寄せ出来るクラフトビール銘柄、ブランドをご紹介します。お中元、お歳暮、父の日、誕生日のプレゼント、お祝い、贈り物、ギフトにもおすすめ!

皆さんこんにちは、赤門重蔵と申します。私は日本酒が大好きで365日、毎晩晩酌を楽しんでおります。北関東の田舎に住んでおりますので地元の酒ばかり飲んでおりましたが、最近では通販で日本中の旨い酒が簡単にお取り寄せ出来るようになっていろいろと試しております。これまでは地元の米で作った地元の酒が一番と思って80年も生きてまいりましたがいやあ、長生きはするものでございます、日本には旨い酒、あるんですねえ!私も最初は地元以外の酒、何を試したらいいかわからなかったんですがある日孫娘が「元サッカー選手の中田英寿さんが日本酒大好きでサイトで日本酒紹介しているから参考にしてみたら」というんで「に・ほ・ん・も・の」っていうサイト、いやあ、いいねえ中田さん、さすが世界を見てきた男は違う!うちの娘婿も少しは見習ったらどうなんだとまた説教したくなるくらい素晴らしい生き方、いやサイトなんで皆さんもぜひご覧ください。日本の文化をめぐる旅、かっこいいねえ!私の場合はもう体が動かねえし、旅はしないで家で日本酒をいただくだけで十分、これからは日本中のいろんな酒を探して飲んでみようと思います。いい酒を見つけたら、せっかくですから皆さんにもご紹介しておこうかと思った次第であります。

さて、世界に誇る日本の酒、今回はビール!大好きな日本酒に行く前に、とりあえずビール!いやいや、最後までビールでもいいかもねえ!大手ビールメーカーのビールはもちろん旨いんですが、いやあ、日本人ってビールが好きなんだねえ!日本全国にこんなにたくさんの地ビール、クラフトビールがあるとは知らなかったねえ。こちらでは皆さんにもぜひお試しいただきたい山梨県の旨い地ビール、通販でもお取り寄せ出来るクラフトビールをご紹介します。八ヶ岳地ビール タッチダウン、ふじやまビール、富士桜高原麦酒。冷ややっこや枝豆なんかをつまみにして、日本の旨いビール、飲みたいねえ!

山梨県の人気地ビール クラフトビール

八ヶ岳地ビール タッチダウン

 

この投稿をInstagramで見る

 

八ヶ岳ビール タッチダウン(@yatsugatakebeer)がシェアした投稿

01.「 ライトデュンケル」
02.「 HOKUTO」
03. 「ショコラシュバルツ」
04. 「ジャガーラガー」
05. 「ファーストダウン」
06. 「ピルスナー」
07. 「デュンケル」
08. 「清里ラガー」
09. 「プレミアム ロック・ボック」
10. 「はやぶさ2 タッチダウン 清里ラガー」

#清里 #北杜市 #萌木の村 #八ヶ岳ビール #八ヶ岳ビールタッチダウン #ビール #クラフトビール #地ビール

 

この投稿をInstagramで見る

 

八ヶ岳ビール タッチダウン(@yatsugatakebeer)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

kozurin(@kdkze_09)がシェアした投稿

kdkze_09
#八ヶ岳ビールタッチダウン
#プレミアムロックボック #ヴァイス
前から気になっていたタッチダウン♩
まずは賞味期限の近いボックから。
熟成した甘みもこのビールは案外夏向き
外飲みしたい気分になる^ – ^♡
#八ヶ岳ブルワリー #クラフトビール

八ヶ岳地ビール タッチダウン 八ヶ岳ブルワリー 萌木の村株式会社

住所:山梨県北杜市高根町清里3545番地

八ヶ岳地ビール タッチダウン公式サイト

はじまりは、ビール醸造量の規制緩和によって沸き起こった、いわゆる“第一次地ビールブーム”のさなか、日本最高峰のビール職人 山田一巳(やまだ・かずみ)が清里へやって来た1997年にさかのぼります。

山田はかつてキリンビールで「一番搾り」や「ハートランド」の醸造開発責任者を歴任した醸造家。大手メーカーのビールづくりが分業・機械化していくなかにあって、開発から醸造まで一手に把握できる数少ないビール職人でもありました。

そんな山田が40年以上勤めあげたキリンビールを定年退職した1996年、「清里で山田さんのビールをつくって欲しい」というラブコールを送ったのが、山梨県の清里高原リゾート「萌木の村」創業者である舩木上次(ふなき・じょうじ)です。

呼びかけに応じた山田は、40年以上にわたる経験のすべてを注ぎ込み、清里の地で再びビールづくりに情熱を注ぐこととなりました。そのビールが「八ヶ岳ビール タッチダウン」です。

ところで、そのビールが「タッチダウン」と命名されたのはなぜでしょう。実は「清里開拓の父」と言われるポール・ラッシュ博士(Paul Rusch:1897年11月25日~1979年12月12日)は、アメリカンフットボールを日本に広めた伝道師としても知られています。

「ラッシュ博士が清里に蒔いた開拓の種と挑戦の精神を、八ヶ岳南東麓に広がる雄大な自然のなかで着実に育んでいきたい」。そう願った私たち「萌木の村」一同が、美味しさと感動という新しいゴール(タッチダウン)を目指し、「八ヶ岳ビール タッチダウン」のブランド名を授けたというわけです。

ビール醸造所(ブルワリー)の設立にあたり、山田は小規模なブルワリーがひしめく本場ドイツへ視察に赴き、日本人の口に合うビールを生みだすためのヒントを探しました。

そこで出た答えは、10人が飲んで10人が「そこそこおいしいね」と思うビールでなく、10人のうち3人が「感動した!」と言ってくれるビール。「万人に合わせなくても、自分が本当にうまいと感じ、誰かを感動させるビールをつくりたい」という思いとともに、理想のビールづくりに賭ける真剣勝負がはじまりました。

酵母の自然な力を引き出すことが重要だと考える山田は、「ビールは生き物。発酵中は生酵母と対話を重ねながら、ビールが自然に熟成していくのをじっくり待つ」と言います。

そこで求められるのは、経験からくる智慧と繊細な技術、そしてビールづくりを心から楽しむ姿勢です。それらすべてを兼ね備えた山田について、独ミュンヘン工科大学で醸造を修めたドイツ人マイスターも、ブルワリー建設時にサポートで訪れた歳、「山田さんには教えることは何もない。こんな人を街は誇りに思い、大切にすべきだ」と話したそうです。

そして1997年夏に誕生した「八ヶ岳ビール タッチダウン」。モルトの“らしさ”を最大限に活かしたコクと旨味、豊穣な香り、そして雑味のないフレーバーは、ブルワリー併設レストラン「萌木の村 ROCK」を訪れる地元の方々や観光客の方々に、長らく愛されることとなります。

商品ラインナップ

八ヶ岳ブルワリーは現在、「八ヶ岳ビール タッチダウン」ブランドから、ファーストダウン/ピルスナー/デュンケル/清里ラガー/プレミアム ロック・ボックの通年販売のビール5種に加え、季節で限定醸造ビールをご提供しています。

通販でお取り寄せ出来る八ヶ岳地ビール タッチダウンはこちら

ふじやまビール

 

この投稿をInstagramで見る

 

R F Y 41(@rfy_41)がシェアした投稿

rfy_41
フルーティーなビール🍺なのです☀️
富士山🗻大好き✨
#ふじやまビール #ヴァイツェン

ふじやまビール ふじやまビール株式会社

住所:山梨県富士吉田市新屋1936

ふじやまビール公式サイト

ふじやまビールは地下100mから汲みあげた富士山の天然伏流水を使用したビールです。
醸造設備はドイツ製、原料の麦芽とホップはともにヨーロッパ産の高品質なものを使用しています。
まさにドイツの醸造技術と富士山の恵みによって生まれたビールです。

ふじやまビール株式会社は、レストラン併設のビール醸造所として1998年、富士山のふもと富士吉田で創業しました。
以来多くのみなさまに地ビール『ふじやまビール』をご愛飲いただいております。
ふじやまビールに使う水は富士山の天然水です。
ビールの美味しさは水に決まると言われています。
私たちは創業時にドイツからブラウマイスターに来ていただき、指導を受けました。

そのマイスターは富士山の水の美味しさに感激し、この水の美味しさを生かせるビールのレシピを考えてくれました。
以来私たちはマイスターの教えと手法を守り、ビール作りを続けています。
その甲斐あってかできたてのビールをお飲みいただいたお客様からは特に飲みやすい ビールとのお言葉をいただいています。

商品ラインナップ

ピルス/Pilsner

スタンダードなスタイルのビール。
すっきりとした飲み口と適度なほろ苦さ、さわやかに抜けるホップの香りが特徴です。
ふじやまビールの一番人気です。

デュンケル/Dunkel

深煎り麦芽を使用した濃色ビール。
ダークな色とローストの香りが特徴です。
コクがありますがしつこくなく、じっくり味わえるビールです。

ヴァイツェン/Weizen

小麦麦芽を使用したドイツ風エールスタイルのビール。
フルーティな風味と清涼感が特徴です。
苦味を抑えているためビールが苦手という方にもおすすめ。
未ろ過のため酵母で白く見えます。

通販でお取り寄せ出来るふじやまビールはこちら

富士桜高原麦酒

 

この投稿をInstagramで見る

 

nobushiro.kitano(@nobushiro.kitano)がシェアした投稿

nobushiro.kitano
やはり美味しい!
#富士桜高原麦酒
#ヴァイチェン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Arima(@ft11.99875)がシェアした投稿

ft11.99875

#クラフトビール
#富士桜高原麦酒
#飲み比べ
#山梨

富士桜高原麦酒

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津字剣丸尾6663−1

富士桜高原麦酒公式サイト

ドイツ仕込みの製造技術と
富士の豊かな自然で生まれた”至福のクラフトビール”

旨いビールは造り手の思いまでが伝わってくるもの。
本場ドイツで初めて飲んだビールは、一口飲んだだけで醸造士の熱い思いが感じられました。
もっと旨いビールを作りたい、ビール片手に楽しむ人達の笑顔がみたい。
そんなシンプルな思いから富士桜高原麦酒は出発しました。
その笑顔に出会うために、今日も思いを込めて仕込みます。

商品ラインナップ

ピルス

標高1,000m地点で採水した富士北麓の軟水を用いて、モルトの豊かな風味に爽快な苦みとキレをバランスさせた、“らしさ”満載のジャーマンスタイルラガーです。3種のホップを煮沸工程のなかで4回に分けて適宜投入することによって、新鮮かつフローラル、そしてほのかにスパイシーな香りを引きだしました。

ヴァイツェン

50%以上が小麦麦芽となるエールビールです。“キレ”と“のど越し”という一般的なビールのイメージをくつがえす当醸造所の集大成であり、バナナのようなクローブ&エステル香は混じり気のない新鮮酵母に由来したもの。酵母が自らつくりだす極小の泡は、絹のように滑らかな舌触りとなって口のなかに余韻を残します。

ラオホ

ブナのチップで麦芽を燻煙して、モルトにスモークフレーバーを綴じ込めた「燻煙ビール」。グラスに注いだ瞬間から燻製食品のような香りがたち昇る超個性派であるとともに、幅広いマリアージュを可能にするマイルドな口あたりが大きな魅力。2012年にWorld Beer CupとWorld Beer Awardsをダブル受賞した名作です。

シュヴァルツ ヴァイツェン

大麦と小麦でそれぞれカラメルとローストを使うなど、計7種のモルトを絶妙にブレンド。コーヒー豆のようなロースト香にヴァイツェンのクローブ香が重なる、立体的で複雑なアロマに仕上げました。また、酸味を抑える独自の製法によってキレと“甘芳ばしさ”を両立させ、ドリンカビリティを高めた点も大きな特徴です。

通販でお取り寄せ出来る富士桜高原麦酒はこちら

お中元、お歳暮、父の日、誕生日のプレゼント、お祝い、贈り物、ギフトにもおすすめ!通販でお取り寄せ出来る山梨県の地ビール クラフトビール

通販でお取り寄せ出来る八ヶ岳地ビール タッチダウン

八ヶ岳ビール タッチダウン 330ml 5種 6本セット(ファーストダウン×2本/ピルスナー×1本/デュンケル×1本/清里ラガー×1本/プレミアム ロック・ボック×1本)

山梨・清里高原のビール醸造所から直送!
「八ヶ岳ビールタッチダウン」シリーズの「ファーストダウン」「ピルスナー」「デュンケル」「清里ラガー」「プレミアム ロック・ボック」の5種6本セットです。

■ファーストダウン
1杯目専用生ビール「ファーストダウン」。
地元ブランド米の「梨北米」を使用することで、日本人好みのまろやかな飲み口に。
合わせるのは高品質のカナダ産麦芽。
麦に含まれるデンプンを糖に変えるための酵素力が強く、米とのマッチングが良いので、最高の1杯目に最適な初夏らしいのどごしが楽しめます。

■ピルスナー
創業時から醸造し続ける代表作。
ラガースタイルに対する八ヶ岳ブルワリーのこだわりを凝縮した麦芽100%のフラッグシップビールです。
“麦そのまま”の旨味を前面に押し出した、いわゆるモルティなフレーバーとともに、ドイツ産ビターホップの心地良い苦味、そしてチェコ産ファインアロマホップのフローラルで上品な香りが、喉元や鼻先に心地良い刺激を残します。

■デュンケル
濃厚なコクとまろやかな味わいが人気を呼んでいる茶褐色のダークラガー。
ナッツを思わせるカラメル麦芽の香ばしいフレーバーを出した一方で、苦味はやや抑え、スッキリした飲み口に仕上げました。
ピルスナー等に比べて1週間ほど長い6週間をかけて発酵・熟成させ、厚みのある味わいと、何杯でも飲めるドリンカビリティを両立させたビールです。

■清里ラガー
地元のお米を使った黄金色のラガー。
副原料にコーンスターチ、そして地元である山梨県北杜市のブランド米「梨北米コシヒカリ」を使用。
クリアですっきりした口当たりと強めの炭酸による爽快なのどごしが、往年のビールを思わせる、どこか懐かしい風味のゴールデンラガーです。
イギリスで開催された「World Beer Award 2016」のライスビール部門で世界最高賞を獲得しました。

■プレミアム ロック・ボック
度数7%の“ROCK”なストロングビール。
当ブルワリーのピルスナー比で40%増の麦芽、50%増のホップを投入し、約9週間かけ発酵・熟成させた「ボック」ビールです。
赤銅の液色のなかで、重層なアルコール感と鮮烈なホップの苦味が共存。
ドイツ語の意味通り、岩山を駈ける「雄ヤギ(Bock)」のように力強い味わいで、「インターナショナル・ビアカップ2015」金賞を受賞しました。
セット内容
・ファーストダウン 330ml×2本
・ピルスナー 330ml×1本
・デュンケル 330ml×1本
・清里ラガー 330ml×1本
・プレミアム ロック・ボック 330ml×1本

出典 楽天市場

通販でお取り寄せ出来るふじやまビール

【ふるさと納税】富士山麓生まれの誇り 「ふじやまビール」 1L× 3種類セット

世界遺産「富士山」に降った雨や雪が長い時間をかけてろ過された水は雑味がなく、すっきりとしたおいしさです。
その伏流水を地下100mから汲み上げ原料にしているところが「ふじやまビール」の特徴です。富士山の麓で生まれる地ビールに誇りを持ち、このおいしさを全国のみなさまにお届けしたいという素直な気持ちで「ふじやまビール」を造り続けています。ぜひ、富士山の麓の「ふじやまビール」をお楽しみください。(ピルス、デュンケル、ヴァイツェンの3種類)

出典 楽天市場

通販でお取り寄せ出来る富士桜高原麦酒

クラフトビール ビールギフト「富士桜高原麦酒選べる12本セット」金賞受賞のクラフトビール飲み比べ!地ビール 送料無料

ビールの種類、造り方

ビールの種類
ビールの分類

消費者の嗜好の多様化、ライフスタイルの変化等により、ビールの種類も多様化し、外国銘柄ビールのライセンス生産品を含めてバラエティーに富んだビールがつくられるようになりました。アルコール分は3~8%程度までさまざまです。

ビールの種類は製造法や原材料などによって、例えば次のように分けることができます。
酵母の種類による分け方

発酵の終わりに酵母が沈む下面発酵酵母を使用したビールと、発酵中に酵母が液の表面に浮かび上がる上面発酵酵母を使用したビール。
熱処理の有無による分け方

酵母等による変質を防ぐため熱による処理(パストリゼーション)をしたビールと、しない生ビール。
原料による分け方

麦芽100%ビールと、米・コーン・スターチ等の副原料を使用したビール。
色による分け方

通常の淡色ビールと、中濃色ビール、濃色ビール。

世界の主なビール

ピルスナー Pilsner

1842年チェコのピルゼンで生まれた傑作で、そこの市民醸造所でつくられたピルスナーウルケルがオリジナルです。ホップの効いた爽快な香味の淡色ビールで、このタイプのビールは世界中に最も普及しており、日本の淡色ビールもこのタイプに属します。アルコール分は4.0~5.0%。下面発酵ビール。

ドルトムンダー Dortmunder

ドイツのドルトムント地方で発展した淡色ビールです。苦味は比較的弱いが発酵度が高く日持ちがよいため、今日の輸出ビールの先駆をなしました。エキスポート(Export)と呼ばれるビールはこのタイプです。アルコール分は5.0~5.5%。下面発酵ビール。

ボック Bock

ドイツのアインベックが発祥の地で、その後バイエルン地方で発展したビールです。元は濃色ビールでしたが、今は淡色ビールが多くなっています。ホップの香りも芳醇で、こくがありアルコール分も高く6.0~6.5%。これをさらに濃くしたものがドッペルボック(Doppel Bock)で、アルコール分は7.5~13.0%。下面発酵ビール。

エール Ale

イギリスで発展したビールです。淡色でホップの香味を効かせたペール(Pale)エール、中濃色でホップの香味を抑え麦芽の香りを出した穏やかなマイルド(Mild)エール、これより色の濃いブラウン(Brown)エール、濃厚なエキスポート(Export)エール、ホップの苦味の効いたビター(Bitter)エール(単にビターともいう)、スコットランドの濃色濃厚のスコッチ(Scotch)エール等があります。アルコール分は2.5~5.5%。上面発酵ビール。

アルト Alt

ドイツのデュッセルドルフで発展した濃色ビールです。ホップの香味を効かせたのが特徴で、ほぼ英国産のエールに相当します。アルコール分は4.5~5.5%。上面発酵ビール。

ケルシュ ケルシュ

ドイツのケルン特産の淡色ビールで、製法、香味ともアルトに似ていますが、淡色麦芽だけを用いるので色は薄くなっています。アルコール分は4.3~5.0%。上面発酵ビール。

バイツェン Weizen

ドイツのバイエルン地方で発展したビールで淡色ビールが多いが一部濃色ビールもあります。小麦(ドイツ語でバイツェンという)麦芽を50%以上使用して苦味がたいへん弱く、炭酸ガス含量も高く、清涼感があります。本来はびん中で後発酵させるのですが、びん底にオリが沈むため、ろ過してびん詰めするものもあります。輪切りのレモンを添えると一層風味が増します。アルコール分は5.0~5.5%。上面発酵ビール。

トラピスト Trappiste

ベルギーに伝わる古いビールで、修道院でつくられていたところから、この名が付きました。イギリスのエールに近く高濃度の濃色ビールで、びん中での後発酵も行われます。アルコール分は6.0~10.0%。上面発酵ビール。

ポーター Porter

1722年にロンドンでつくられ急速に発展しました。ロンドンのポーター(荷物を運搬する人)が好んで飲んだところから、この名が付いたといわれています。濃厚でホップの苦味の強い濃色ビールで19世紀中頃にスタウトが現れて急激に衰退しました。アルコール分は5.0~7.5%。上面発酵ビール。

スタウト Stout

1847年イギリスで原料に砂糖の使用が許可されたので、ポーターの製法で原料の一部に砂糖を用いてつくられたビールです。アルコール分は4.0~8.0%。  アイルランド、ダブリンのギネスを代表とする濃厚でホップの苦味の強い濃色ビールのほかに、スイート(Sweet)スタウトと称する低発酵性の甘いスタウトもつくられています。上面発酵ビール。

ランビック Lambic

ブリュッセル地方でつくられる、ベルギーを代表する伝統的なビールです。大麦麦芽のほかに小麦も使用され、わざわざ古いホップを使います。培養酵母は用いず、空気中に浮遊している酵母やバクテリアで、1~2年またはそれ以上自然発酵させます。特有の香りがあり、酸味が強いので、他のビールで割るか甘味料を加えて飲むのが一般的です。グーズ(Gueuze)はランビックの一種で、できあがったランビック1/3と1年程度自然発酵させた若いランビック2/3を混ぜて1年間発酵後びん詰めし、びん中でさらに発酵させたもので、発泡性が強くシャンパンのような風味があります。いずれもアルコール分は通常5.0~6.0%。自然発酵ビール。

アメリカビール American Beer

アメリカで発展した軽いピルスナータイプのビールを指します。とうもろこし等の副原料を多量に用いて、ホップの苦味を抑え、さらに炭酸ガス含量を高めて軽い香味の清涼感が強いのが特徴です。カナダ、中南米の淡色ビールもほとんどこのタイプです。アルコール分は約4.5%。下面発酵ビール。

ライト Light

1960年頃よりアメリカで発展した淡色のビールです。原麦汁濃度を下げ発酵度を高めて、残糖を少なくしてカロリーを2/3~1/2に下げています。アルコール分は2.8~4.3%。下面発酵ビール。

ビールの造り方

ビールの原料

ビールの原料はそれぞれの国によって異なった使い方がありますが、日本では酒税法により、麦芽・ホップ・水のほかに副原料として、米・とうもろこし(コーン)・でんぷん(スターチ)・糖類等を使用することができます。それぞれのビールに使用された原料(水を除く)はラベルなどに表示されています

麦芽

麦芽は主として二条大麦(ビール大麦)からつくられます。この麦がビール醸造用 に使用されるのは次のような必要条件を備えているからです。

穀粒の大きさ、形状が均一で大粒であること。
穀皮が薄いこと。
でんぷん含量が多く、たんぱく含量が適正であること。
発芽力が均一で、しかも旺盛なこと。
麦芽にした際、酵素力が強いこと。
麦芽の糖化が容易で、エキスの発酵性がよいこと。

ビール大麦は日本各地で栽培されていますが、現在使われている麦芽の大部分は品質、価格面で優れているカナダ、オーストラリア、ヨーロッパ各国などからの輸入麦芽です。

ホップ

ビールの原料の中で最も特色のあるのはホップでしょう。ホップは多年生、雌雄異株のつる性の植物で、ビールの醸造には雌株につく受精していない毬花を8~9月に収穫して使います。
ホップがビールに果たす重要な役割は、

ビールに独特な芳香と爽快な苦味を与えること。
麦汁の過剰なたんぱく質を沈殿・分離させ、ビールを清く澄んだものにすること。
雑菌の繁殖を抑え、ビールの腐敗を防ぐこと。
ビールの泡もちをよりよくすること。

などですが、このような作用はホップの有効成分であるルプリン(黄色い花粉のように見える樹脂の粒)の働きによるものです。
世界的にホップの生産地は緯度で35~55度の間に位置していますが、日本では東北地方など気候の冷涼な所で栽培されています。しかし、現在ビール醸造に使用するホップの多くはドイツ、チェコなど海外からの輸入ホップです。

醸造用水はビールの品質に大きな影響を与えるだけに、適質の水が得られることが工場の立地を決める際の重要な条件となっています。それだけに水質条件もきびしく、成分だけでなく無色・透明・無味・無臭で、生物的に汚染されていないことも要求されます。
一般的に淡色ビール(日本の普通のビールはこれに該当)にはカルシウム、マグネシウムや炭酸塩の含有量の比較的少ない軟水が適し、濃色ビールには硬水がよいとされています。

米・コーン・スターチ

副原料としての米・コーン・スターチはビールの味を調整し、バランスのよいものにするのに役立ちます。これらはアメリカやヨーロッパ諸国(ドイツを除く)でも消費者の嗜好に合わせたビールを醸造する手段として広く使われています。

糖類

スタウトビールは発酵性エキスの濃度を高くするために加糖しています。その結果アルコール分が約8%と高くなっています。

ビールの製造工程

麦芽の製造

この工程はビール大麦を溶けやすく、分解されやすい状態の麦芽に加工するところです。まずホコリやゴミをきれいに取り除き、浸麦槽で水分を含ませ、発芽室で適度に発芽させたのち、乾燥室で熱風により焙燥します。このときにビールに必要な成分と独特の色、そして芳しい香りをもつようになります。

仕込み

細かく砕いた麦芽と米などの副原料を温水と混ぜ合わせます。適度な温度で、適当な時間保持すると、麦芽の酵素の働きででんぷん質は糖分に変わり、糖化液の状態になります。これをろ過してホップを加え、煮沸します。ホップはビールに特有の苦味と香りをつけると同時に麦汁中のたんぱく質を凝固分離させ、液を澄ませる大切な働きをします。こうしてできた熱麦汁は次に発酵工程に移されます。

発酵

熱麦汁を5℃くらいに冷却し、これに酵母を加えて発酵タンクに入れます。7~8日の間に酵母の働きによって、麦汁中の糖分のほとんどがアルコールと炭酸ガスに分解されます。こうしてできあがったビールは若ビールと呼ばれ、まだビール本来の味、香りは十分ではありません。

貯酒

若ビールは貯酒タンクに移され、0℃くらいの低温で数十日間貯蔵されます。この間にビールはゆっくり熟成し、調和のとれたビールの味と香りが生まれてきます。熟成の終わったビールはろ過され、透きとおった琥珀色のビールができあがります。

容器詰め

こうしてできあがるまでにおよそ2~3カ月。いよいよビールはびん・缶あるいは樽に詰められて市場に出荷されます。びん・缶詰めビールは生ビールが大部分ですが、一部に熱による処理(パストリゼーション)をしたビールもあります。

ビール酒造組合公式サイトより引用

大手ビール会社の有名ブランドビールと日本全国の人気地ビール クラフトビール

サッポロビール

アサヒビール

キリンビール

サントリー

北海道の地ビール クラフトビール

青森県の地ビール クラフトビール

岩手県の地ビール クラフトビール

宮城県の地ビール クラフトビール

秋田県の地ビール クラフトビール

山形県の地ビール クラフトビール

福島県の地ビール クラフトビール

栃木県の地ビール クラフトビール

群馬県の地ビール クラフトビール

茨城県の地ビール クラフトビール

埼玉県の地ビール クラフトビール

千葉県の地ビール クラフトビール

東京都の地ビール クラフトビール

神奈川県の地ビール クラフトビール

長野県の地ビール クラフトビール

新潟県の地ビール クラフトビール

富山県の地ビール クラフトビール

石川県の地ビール クラフトビール

福井県の地ビール クラフトビール

山梨県の地ビール クラフトビール

岐阜県の地ビール クラフトビール

日本のビール、みんな旨そうだねえ!それではみなさん、今夜も美味しいお酒、いただきましょう!

ビール以外の日本のお酒はこちらで紹介しています。

姉妹サイトもよろしくね!

グルメなどのお役立ち情報が満載!開け、赤門!

タイトルとURLをコピーしました