日本酒 焼酎 地酒

沖縄で人気の美味しい泡盛 地酒を通販でお取り寄せ 沖縄県でおすすめの泡盛銘柄はこれ!残波 久米仙 瑞泉..

投稿日:

残波 久米仙 時雨 瑞泉 八重泉 泡波.. たくさんある沖縄県の旨い地酒、泡盛。沖縄県の地酒といえば泡盛。原料は主にタイ米。黒麹菌を用い、仕込みは1回だけの全麹仕込み、そして単式蒸留機で蒸留する。3年以上貯蔵して熟成させたものは古酒と呼ばれ香りがよく口あたりもまろやか。沖縄県の旨い地酒、泡盛とその酒が飲める人気の居酒屋、料理屋を探す。通販でも手に入るおすすめの美味しいお酒、沖縄県の人気店をご紹介します。

皆さんこんにちは、赤門重蔵と申します。私は日本酒が大好きで365日、毎晩晩酌を楽しんでおります。北関東の田舎に住んでおりますので地元の酒ばかり飲んでおりましたが、最近では通販で日本中の旨い酒が簡単にお取り寄せ出来るようになっていろいろと試しております。これまでは地元の米で作った地元の酒が一番と思って80年も生きてまいりましたがいやあ、長生きはするものでございます、日本には旨い酒、あるんですねえ!私も最初は地元以外の酒、何を試したらいいかわからなかったんですがある日孫娘が「元サッカー選手の中田英寿さんが日本酒大好きでサイトで日本酒紹介しているから参考にしてみたら」というんで「に・ほ・ん・も・の」っていうサイト、いやあ、いいねえ中田さん、さすが世界を見てきた男は違う!うちの娘婿も少しは見習ったらどうなんだとまた説教したくなるくらい素晴らしい生き方、いやサイトなんで皆さんもぜひご覧ください。日本の文化をめぐる旅、かっこいいねえ!私の場合はもう体が動かねえし、旅はしないで家で日本酒をいただくだけで十分、これからは日本中のいろんな酒を探して飲んでみようと思います。せっかくですから皆さんにもご紹介しておこうかと思った次第であります。

というわけで、世界に誇る日本の酒、今回は沖縄県の旨い地酒、泡盛をご紹介します。残波、久米仙、時雨、瑞泉、八重泉、泡波。あるねえ、沖縄。豆腐ようや島らっきょう、ヤギの刺し身なんかを肴に、時間をかけて熟成した沖縄県の泡盛、古酒、飲みたいさぁ~!

沖縄県で人気の美味しい泡盛、おすすめの地酒

残波(ざんぱ)比嘉酒造

住所:沖縄県中頭郡読谷村字長浜1061番地

比嘉酒造公式サイト

太平洋戦争後の沖縄で物資不足の中、メチルアルコールを飲み光を失う者が後を絶たない状況に創業者の比嘉寅吉が、『沖縄県民に良い泡盛を提供したい』との思いから比嘉酒造の泡盛造りが始まりました。

それから現在も比嘉酒造では創業当時のより『安全でより美味しい泡盛を皆様にお届けしたい』との 理念を守り、酒造りを勤しんできました。

その思いを2代目の比嘉健が受け継ぎ、 居酒屋ブームがあった当時、泡盛は男性が飲むお酒というイメージが強かった時代に、 2代目の比嘉健が『女性や泡盛が苦手な方にも美味しく飲んでもらえる泡盛を作りたい』との思いから試行錯誤を重ね、オリジナルの蒸留機を完成させ、現在主力商品である『残波25度(ホワイト)』と『残波30度(ブラック)』が誕生しました。

弊社のロゴマークは、残波岬に打ち寄せる波をイメージしています。残波ホワイトは透明感のある優しさ、 ブラックは、力強さをイメージしたデザインとなっています。

泡盛 残波(白) 25度

 

この投稿をInstagramで見る

 

ARCH(@arch_familiar)がシェアした投稿

泡盛です!残波です!
泡盛苦手なんだよなぁ、、ってかた、
是非飲んでみてください!
ソーダでわってライムかなんか絞ったら、もう爽やかカクテルですよ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

九州・沖縄料理 芋んちゅ 原店(@imo_hara8255)がシェアした投稿

泡盛 は日本の琉球諸島で造られる蒸留酒でお米を原料として、黒麹菌を用いた米麹である黒麹によってデンプンを糖化し、酵母でアルコール発酵させたもろみを一度だけ蒸留する単式蒸留焼酎の一種のことを言います💁‍♀️
3年以上貯蔵したものは古酒 (クース)と言います⸜((˙꒳​˙ ))⸝
広い概念で言えば#米焼酎 なんですけど、大きな違いとしては泡盛に使うのは黒麹菌で、米焼酎に使うのは白麹菌なんです😊
*
焼酎を作る段階で必要な材料になるお米も泡盛ではタイ米を使用し、米焼酎には国産米を使用するそうです🙋‍♀️

通販でお取り寄せ出来る比嘉酒造の残波はこちら

久米仙(くめせん)久米島

住所:沖縄県島尻郡久米島町字宇江城2157

久米島の久米仙公式サイト

沖縄独自の銘酒、泡盛のルーツを探ると、古来より琉球の島々で祭事に用いられていた原酒の酒「シゲチ酒」と15世紀にアジアより到来した南蛮酒の融合 が、その起源だと言われています。琉球王朝が栄え、この貴重な舶来の酒と古代のシゲチ酒の製法が複合し、新たに生れたのが、琉球ならではの味を醸し出す、 泡盛だったのです。
伝統的に継承されてきた泡盛の製法に従って、今でも泡盛の原料にはタイ産の米が使われていますが、ここにもアジアと琉球をつなぐ歴史の1ページを垣間見る ことができます。中でも、沖縄独特の酒造法として注目すべきは、泡盛をカメにねかせて、じっくりと熟成の時を待つ、古酒づくり。幾世紀もの歴史に育まれ、 静かに円熟の年月を刻んできた泡盛の神髄は、今も久米島の久米仙に受け継がれ、豊潤で清冽な美酒の味わいを皆様に届け続けています。

久米仙人の由来

その昔、名水が沸き出す久米島の北部、堂井(ドーガー)に夕暮れともなると絶世の美女が現われ、野良仕事帰りの若者たちに神酒をふるまっては言い知れぬ 酔いごこちへ誘った。人々はこれを宇江城山に住む仙人のしわざと噂しました。「久米島の久米仙」の名は、その「久米の仙人」の言い伝えにあやかったもの で、その豊醇な味わいには、香り立つ歴史の浪漫がひそんでいます。
時節に媚びず歳月のおもねることなくひたすら芳醇な泡盛としての正統なる系譜を守り続けてきた琉球泡盛「久米島の久米仙」。
その清らかな味わいには、こよなく酒を愛し、人を慈しんだ仙人の想いが、今も脈々と息づいています。

久米島の久米仙

 

この投稿をInstagramで見る

 

雅 (Masa/Miyabi)(@masa_pagodeiro)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tom Kikuchi(@tom_kikuchi)がシェアした投稿

通販でお取り寄せ出来る久米島の久米仙はこちら

時雨(しぐれ)識名酒造

住所:沖縄県那覇市首里赤田町2丁目48

識名酒造公式サイト

識名酒造は首里城のふもと首里赤田町にある小さな蔵です。
「古風味豊かな」泡盛造りをめざし地道に努力して参りました。
泡盛「時雨」の伝統の味わいと香りをお届けします。

識名酒造 『時雨』

 

この投稿をInstagramで見る

 

泡盛.jp(@awamori.jp)がシェアした投稿

【銘柄由来】
秋の末から冬の初めにかけて、ぱらぱらと降る通り雨のように、
さわやかな飲み口の泡盛にしたいとの思いを込めて名付けられたといわれている。

【歴史】
1918年首里赤田町で創業
戦争の影響で1度は那覇市三原に移転するも、
1984年に再び首里赤田町にもどり、現在に至っている。
戦後の泡盛は量り売りが主流だったが、識名酒造が初めて瓶詰めの泡盛を販売したとして知られている。

【味わい】
銘柄の由来通り、すっきりとした味わいであり、ほのかな甘みを感じることができる。
ストレートやロックで飲むのがおすすめ🍶

通販でお取り寄せ出来る識名酒造の時雨はこちら

瑞泉(ずいせん)瑞泉酒造

瑞泉酒造公式サイト

瑞泉酒造株式会社は明治20年(1887年)5⽉1⽇に創業。その昔、琉球王府は⾼い品質を保持するために、首里三箇と呼ばれる⾸⾥の城下町、崎⼭・⾚⽥・⿃堀でのみ泡盛の醸造を許可し厳しい管理下におき、伝統の味を守り続けてきました。⾸⾥の銘酒“琉球泡盛瑞泉”は、弊社瑞泉酒造株式会社の創始者であります喜屋武幸永⽒が名付けたものであります。​かつて⾸⾥城内の第⼆⾨に登る⽯段途中にこんこんと湧き出る泉があり、正式名は「瑞泉」でありますが、 ⽔は、⿓頭を形取った樋⼝から出てくるので通称「⿓樋」と呼ばれています。その泉から流れる⽔は清冽そのもので、周囲には泉を讃えた碑⽂数本建てられていたようです。さて、喜屋武⽒は⾸⾥三箇村崎⼭の焼酎職の家の三男に⽣まれ、 成⼈して酒屋として分家するときに「瑞泉」の碑⽂の中のこの清らかな泉のように清冽で芳醇な酒造りをめざし、また伝統ある泡盛造りがますます発展し、代々永く受け継がれていくように願い、この泉に因んで銘柄に“瑞泉”と命名したといわれています。

約600年もの歴史を持つ泡盛のルーツは、⼀般的に類似の蒸留酒が存在することから、中国あるいはタイ(シャム)などの東南アジア地域がルーツであると⾔われています。しかし、⿊麹菌(アワモリコウジ)を⽤いた蒸留酒は、他に類を⾒ない泡盛独特のものであるところから、泡盛そのものの製造法は沖縄独⾃に⽣まれ、沖縄の⾵⼟・⽂化の中で育まれたものであると考えられています。かつての琉球王国時代は、琉球王府があった⾚⽥、崎⼭、⿃堀の⾸⾥三箇だけに「焼酎職」という職⼈を住まわせ、直接監督下で泡盛を作らせていました。そこで作られた泡盛は、主に王府の⾏事や交易品、または江⼾への献上品として使われていたようです。瑞泉酒造は、⾸⾥三箇のひとつである崎⼭の焼酎職を始祖に持ち、⻑い歴史を誇る泡盛・古酒の伝統を受け継ぐ蔵元です。

瑞泉酒造 瑞泉 熟成古酒40度

 

この投稿をInstagramで見る

 

eat well(@naragiku)がシェアした投稿

泡盛の古酒☺︎ 寝かせれば寝かせるほど、味が深くなる魅惑のお酒、泡盛。あけたあとも少しずつ味がかわっていくのが楽しみ🎶

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sawa(@sawaimmature)がシェアした投稿

泡盛工場見学17箇所目。
瑞泉酒造さんへ。

琉球王朝時代に酒造りが許されていた首里三箇の一つ崎山町で創業。首里城瑞泉門のほとりに湧き出る瑞泉から名をもらったそうです。

奇跡的に発見された戦前の黒麹菌を使った「御酒(うさき)」も試飲させていただきました。

「瑞泉青龍 三年古酒(30度)」と紅濱の豆腐よう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

shoco_bon(@shoco_bon)がシェアした投稿

通販でお取り寄せ出来る瑞泉酒造の瑞泉はこちら

八重泉(やえせん)八重泉酒造

住所:沖縄県石垣市字石垣1834番地

八重泉酒造公式サイト

石垣島の蔵元。石垣島を一望できる自然の中に八重泉酒造はあります。今では少なくなった昔ながらの直釜蒸留製法で、こだわりの酒造りを行っています。

八重泉 30度 八重泉酒造

 

この投稿をInstagramで見る

 

さがりばな(@yoga_sagaribana)がシェアした投稿

自然の恵みに育まれ、伝統の味を守り、造られた泡盛です。
芳醇な香りと飲みやすさが特徴です。

1955年創業。

新工場建設作業中に、偶然にも湧き出た水は、オモト岳の中腹から湧き出るナンガーラの水。水神様の霊地とも語り告がれる湧き水での仕込み作業を行い、完璧な美味追及のためのコンピュータ導入を意欲的に取り入れ、泡盛造りが行われています。
しかしながら、機械だけに頼らず手作り感を大切にするところでは、昔ながらの製法を守り続けているのです‼︎ その見事なまでのこだわりは、「適適在心」という一滴一滴に真心を込めて酒を造りあげる八重泉酒造の方針なのだそうです‼︎ そんな八重泉、さがりばなでは水割りがオススメです‼︎琉球かまぼこの板わさやワタガラスなどにピッタリです‼︎

通販でお取り寄せ出来る八重泉酒造の八重泉はこちら

泡波(あわなみ)波照間酒造所

住所:沖縄県八重山郡竹富町字波照間156番地

波照間酒造所公式サイト

泡盛倶楽部公式サイト

石垣島から南西に42km 離れた日本最南端の波照間島で島民の共同事業として、昭和28年に創業を開始した波照間酒造所。創業当時は、5~6ヶ所の酒造所が操業を行っていましたが、現在ではこの酒造所だけが唯一残り、酒造りを行っています。
物資の乏しかった創業当初は、原料に粟を用いて酒造りをしていたことから、「泡波」と名付けられました。杜氏歴20年の二代目波照間忠夫さんは、先代の父から受け継がれた製法を守りながらも、自身の製法を合わせ、口当たりがよくまろやかな風味が引き立つ酒を造り続けています。

微妙に塩分を含んだ波照間島ならではの地下水が生み出した酒は、果ての珊瑚に囲まれた美しい島の厳しくて優しいおおいなる自然が育んだ銘酒なのです。「幻の酒」としてその名を知られた「泡波」は、たった二人のご夫婦でのみ作られており、幻ではなく、大量生産ができない限りある生産量なのです。

島民の為の泡盛として作られた泡盛は、皮肉にも現在では波照間島の島民でさえ、入手し難い酒となってしまいました。この貴重な酒は、むやみに買いあさるのではなく、小さな島の限りある酒として、大切に味わってください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちょろすけ 彩(@cyorosuke0310)がシェアした投稿

中々手に入らない泡波やっと二合瓶を手に入れた

 

この投稿をInstagramで見る

 

shoko💐salassa˚‧*𓅯𓆡𓆉𓇼(@shokoppa)がシェアした投稿

通販でお取り寄せ出来る波照間酒造所の泡波はこちら

通販でお取り寄せ出来る沖縄県の美味しい泡盛、地酒。お中元、お歳暮、父の日、誕生日のプレゼント、お祝い、贈り物、ギフトにもおすすめ!

通販でお取り寄せ出来る比嘉酒造の残波

【泡盛】【泡盛 残波】残波(白) 25度/720ml 比嘉酒造 ざんぱ 残波ホワイト 残波白 ザンシロ

【リピート率ナンバーワン】
初めての人には飲みやすく、いくら飲んでも飲み飽きない!

【モンドセレクション3年連続金賞受賞】
2007年から3年連続で金賞を受賞しました!

泡盛といえば「残波」というぐらい定番の泡盛の「残波」。
沖縄の居酒屋では、ほぼ確実においており「ザンシロ」の愛称で呼ばれ、

「とりあえず ビール」ではないですが、
「とりあえず ザンシロ」っていうぐらい定番の泡盛!

蒸留器にこだわり、飲みやすさを追求した残波は、発売から20年程経った今も、幅広い層から支持される人気の泡盛です。
ぜひ一度、この飲みやすさを味わってみてください。

【泡盛】【泡盛 残波】残波(黒) 30度/720ml 比嘉酒造 ざんぱ 残波ブラック 残波黒 ザンクロ

2007年モンドセレクション銀賞受賞
泡盛といえば『残波』というぐらい定番の泡盛。

飲み飽きない泡盛として、幅広い層に人気の残波は、スッと入る喉越しと、力強い味わいの泡盛で、居酒屋では定番の泡盛。

【泡盛 残波】残波プレミアム 30度/720ml 比嘉酒造 ざんぱ

モンドセレクション2011~2012 2年連続【金賞受賞】
国際優秀味覚コンクール(iTQi)2011~2012 2年連続【三つ星(最優秀賞)受賞】

残波の古酒蔵で、5年をかけて熟成された古酒の中からさらに厳選された古酒を60%ブレンドした残波プレミアム。
長い歳月が醸し出す香りとコク、甕貯蔵にこだわった独特の風味をご堪能くださいませ。

※5年古酒を60%ブレンドしています。

【泡盛 残波】【泡盛 古酒】残波プレミアム 5年古酒 35度/720m 比嘉酒造 ざんぱ 残波古酒 泡盛クース

古酒蔵で5年間長期熟成させた残波プレミアム5年100%古酒。

長期間熟成させたことで醸し出す、芳醇な香りとコク。
そして飲むほどに奥深い味わいを堪能できる、まさにプレミアムで贅沢な古酒です。

【泡盛 残波】残波 43度/720ml 比嘉酒造 ざんぱ 残波古酒 泡盛クース

第23回全国酒類コンクール(2006年)の泡盛部門1位
2007年モンドセレクション銀賞受賞

芳醇な香りとほのかな甘み。
オンザロックで深い味わいをご堪能下さい。

通販でお取り寄せ出来る久米島の久米仙

泡盛 久米島の久米仙 30度 600ml [久米島の久米仙 くめせん / 3合瓶 三合瓶 ]

久米島の久米仙の代表的な泡盛

さわやかな甘味があり、すっきりした泡盛で仕込み水には「堂井(ドーガー)」と呼ばれる良質な清水を使用しています。

泡盛古酒 久米島の久米仙ブラック5年 40度 720ml [久米島の久米仙 くめせん / くめせんブラック / 4合瓶 四合瓶 / 泡盛クース]

2009モンドセレクション 最高金賞受賞!

「久米島の久米仙」は、これまでにも多くの品評会で賞を受賞し、高い評価を得ています。

久米島の「堂井(ドーガー)」と呼ばれる良質の湧水を仕込み水に使用し、近代的な設備を備えながらも、味の決め手となる工程では昔ながらの手作業で、品質の高い泡盛を作り続けています。

おだやかな甘みと、後味さわやかな味わいは、多くの人々から支持され根強いファンも多い泡盛の一つです。

泡盛古酒 久米仙 古酒ゴールド 30度 720ml [久米仙酒造 くめせんしゅぞう / 4合瓶 四合瓶 / 泡盛クース]

「原料米」「酒作りの環境」「貯蔵」にこだわって、磨き抜いた芳醇な香りと気品高い味わいがお楽しみいただけます。

泡盛古酒 久米仙ブラック 43度 720ml [久米仙酒造 くめせんしゅぞう / 4合瓶 四合瓶 / 泡盛クース]

泡盛を長期貯蔵熟成した古酒は、古酒独特のコク・うまみが堪能できます。
ロック、水割り、お湯割りなど、お好みでお召し上がりくださいませ。

泡盛古酒 久米島の久米仙 8年古酒 43度 720ml [久米島の久米仙 くめせん / 4合瓶 四合瓶 / 泡盛クース]

8年の深い眠りから覚めてくるイメージを表現したというボトルがなんだおしゃれで高級感があり、
グラスに注ぐと古酒独特の香りと、濃厚な甘味とコクが楽しめます。

オンザロック、濃いめの水割りの他に、炭酸割りにしていただくと、香りと甘みがさらに引き立ちます。
お好みでお楽しみくださいませ。

久米島の久米仙 IMUGE(イムゲー)25度 720ml [久米島の久米仙 くめせん / 4合瓶 四合瓶 / いむげー]

泡盛でもない焼酎でもない!?琉球庶民が愛した幻の酒イムゲーが100年ぶりの復活です!!
(イムゲーは、琉球王朝時代から大正期にかけて、自家醸造されていたお酒ですが、1909年頃から自家醸造の規制が始まり、イムゲーの製造は徐々に減少、ついには途絶えてしまったそうです。)
泡盛はお米を原料とした蒸留酒ですが、かたやイムゲーは、甘藷(琉球芋)の蒸留酒。
では、芋焼酎かといえば、そうでもない。
「芋焼酎」は、麹に水と酵母を加えて発酵させる一次仕込み、さらに甘藷を加えて発酵させる二次仕込みでつくられますが、イムゲーは、二次仕込みの後、さらに黒糖(粒・米)を加えて発酵させる三次仕込みを行います。
そのことからイムゲーは、酒税法上、焼酎ではなくスピリッツに分類されます。
この「甘藷(琉球芋)」に「黒糖」という原料の組み合わせは、現代のお酒ではほかに例がないということで、イムゲーならではの味わいは、この組み合わせによって生まれました!!
久米島の久米仙さんが作るイムゲーは、甘藷(琉球芋)の豊かな風味と、粉黒糖の華やかな香りが特徴で、甘く重圧な味わいとなっております。
ロックや水割り、炭酸割りがおすすめです!!
ちなみに、イムゲーの復活に取り組んでから、初めて試飲した関係者はみな、「え、当時の庶民はこんな美味しい酒を飲んでいたのか!」と驚いたそうです。100年ぶりに復活したイムゲーをぜひ、味わってみてくださいね。

通販でお取り寄せ出来る識名酒造の時雨

泡盛 時雨(しぐれ) 30度 1800ml [識名酒造 しきな / 1升瓶 一升瓶 / 黒糖酵母]

麹のもつクセと香りの余韻が、しばらく口の中に残ります。
古き良き泡盛を守り続ける蔵元の泡盛。

泡盛 時雨(しぐれ) 30度 600ml [識名酒造 しきな / 3合瓶 三合瓶 / 黒糖酵母]

“古風味豊か”と評されるその味わいを、ぜひ一度お試しください。

泡盛 時雨(しぐれ) 43度 1800ml [識名酒造 しきな / 1升瓶 一升瓶 / 黒糖酵母 / 古酒つくり]

沖縄で初めて泡盛を瓶に詰め、商品名を付けて売り出した酒造所で、なんでも、現存する泡盛の中でも、最も古いといわれる古酒があると言われています。

それだけに、古酒造りへのこだわりも強く、一般酒も古酒の風味、味わいに近づける努力をしおられるそうです。

通販でお取り寄せ出来る瑞泉酒造の瑞泉

泡盛 瑞泉 30度 600ml [瑞泉酒造 ずいせん / 3合瓶 三合瓶]

長年地元で愛され飲まれている泡盛で、
飲み方もロック、水割り、お湯割り、カクテルと幅も広くいろいろ楽しめます。

瑞泉 原酒53度 600ml 泡盛 ずいせん 3合瓶 三合瓶

昔ながらの酒がもつ”香気”や”豊富な成分”を生かすため、蒸留後に水を一滴も加えず蔵出した濃厚なお酒(原酒)です。

封を開けた瞬間、わきたつように広がる瑞々しい香り、豊潤な味わいが楽しめます。
原酒のハイボールか、冷凍庫で冷やすパーシャルショットがオススメ!

泡盛古酒 瑞泉 長期熟成古酒 43度 1800ml [瑞泉酒造 ずいせん / 1升瓶 一升瓶 / 泡盛クース]

甕貯蔵による熟成古酒で、深いコクと舌をころがるようなまろやかな味わい。仕次ぎ用の泡盛としてもオススメ。

●牛肉料理に合う泡盛として選ばれました!
アナタが選ぶ地酒大SHOW 2008冬(日本酒サービス研究会・酒匠研究連合会主催)にて「牛肉料理に合う焼酎部門」でプラチナ賞(1位)を受賞!
審査は、利き酒師、焼酎アドバイザーなどの専門の方に加え、一般の参加者やWEB投票により決定。「まろやかなテイストの瑞泉古酒は、熟成させた肉質と究極の相性」との高評価!

特に、すきやき、ステーキ(サーロイン)、焼肉、ローストビーフ などの脂ののったパワフルな料理によく合います。

泡盛古酒 おもろ15年古酒 43度 720ml [瑞泉酒造 ずいせん / 4合瓶 四合瓶 / 泡盛クース]

泡盛鑑評会で最優秀賞を得た味も香りもトップクラス。

泡盛古酒 瑞泉 青龍(せいりゅう) 3年古酒 30度 720ml [瑞泉酒造 ずいせん / 4合瓶 四合瓶 / 泡盛クース]

長期熟成こだわりの古酒ブレンド。
飲み方はロックや水割りも美味しいですが
寒い時期にはお湯割りで飲むのが大変おすすめです。

泡盛古酒 瑞泉 熟成古酒 40度 720ml [瑞泉酒造 ずいせん / 4合瓶 四合瓶 / 泡盛クース]

第20回全国酒類コンクールグランプリ受賞酒です。

泡盛古酒 瑞泉King Crown(キングクラウン)10年古酒 30度 720ml [瑞泉酒造 ずいせん / 4合瓶 四合瓶 / 泡盛クース]

『すべての人は、その人生においてKING』をコンセプトの泡盛が新登場しました。

Kindness(心やさしく)、Knowledge(知識と経験を積み)、Keep(挑み続ける)という意味が込められた泡盛です。

10年熟成させたクースは、まろやかで、なめらかな舌触り。
オススメはロック♪

泡盛 瑞泉 30度 1800ml [瑞泉酒造 ずいせん / 1升瓶 一升瓶]

長年地元で愛され飲まれている泡盛で、飲み方もロック、水割り、お湯割り、カクテルと幅も広くいろいろ楽しめます。

泡盛 瑞泉(新酒) 43度 1800ml [瑞泉酒造 ずいせん / 1升瓶 一升瓶 / 古酒つくり]

ご自分で古酒を育てたい方へおすすめ。

お値段もお手頃なので、10年、20年後の楽しみに、甕で泡盛を育ててみるのもオススメです。

通販でお取り寄せ出来る八重泉酒造の八重泉

八重泉 30度/1800ml【沖縄】【泡盛】

八重山に残る昔ながらの直火式地釜で蒸留する製法を活かすことによって、ふくよかな香りとなめらかな口当たりに仕上げられた一般酒です。銘柄名「八重泉」は於茂登岳の花崗岩が育んだ清らかで美味しい水が泉となって八重山に湧き出すイメージをもとに命名されました。ストレートはもちろんロックや水割りでどうぞ。八重泉酒造で一番親しまれている商品で、地元の祭には欠かせない一升瓶です。

八重泉 樫樽グリーン 43度/720ml【沖縄】【泡盛】

「八重泉樽貯蔵」は厳選された直火式地釜蒸留の原酒を樫樽でじっくりと貯蔵熟成させた後「黒真珠」とのブレンドによってまろやかに仕上げた一般酒です。貯蔵にはフランス製リムザンオーク樽とアメリカ製ホワイトオーク樽を使用しているので、ブランデーのような華やかな立ち香と泡盛の芳醇さが融合したバランスのよい豊かな味わいが楽しめます。洋酒風の上品なグリーンボトルでお土産や贈答品にも最適です。

八重泉 黒真珠 43度/720ml【沖縄】【泡盛】

「黒真珠」は老麹で仕込んだもろみを八重山に残る伝統的な直火式地釜で蒸留した、芳醇な香りの飲みやすいタイプの泡盛です。濾過を極力控える粗濾過を行い、泡盛本来の旨味をしっかりと残しているため、上品な含み香と独特のふくらみある味わいが楽しめます。高度な管理技術により常に安定した酒質で出荷されています。

通販でお取り寄せ出来る波照間酒造所の泡波

“泡波”は八重山群島の波照間で造られる泡盛で、
淡くてクセがなく軽い口当たりで飲みやすい泡盛です。
“泡波”は島内で消費できるだけの量しか生産できません。
そのため生産量が少なく”幻の”泡盛とも呼ばれています。
微妙に塩分を含んだ波照間島ならではの地下水が生み出した酒は、
果ての珊瑚に囲まれた美しい島の厳しくて優しいおおいなる自然が育んだ
銘酒なのです。

泡波 (琉球泡盛)超ミニサイズ 透明瓶30度 100ml

泡波30度600ml幻の泡盛【波照間酒造】入手困難!幻の泡盛!日本最南端で生まれた幻の銘酒

【琉球泡盛】【波照間酒造所】泡波 30度 1800ml (1升瓶)
【波照間酒造所】泡波 30度 4500ml (益々繁盛瓶)

沖縄に行ったらどこで飲む?沖縄県で人気の居酒屋、料理屋

うりずん 沖縄料理、居酒屋

住所:沖縄県那覇市安里388-5
TEL:050-5872-7962

食べログでも絶賛されています。

≪1972年創業≫ドゥル天発祥の店!沖縄家庭料理~珍しい宮廷料理まで長年支持される人気店!

沖縄料理の専門店として長い歴史を持つうりずん。趣と温かみのある店内には、県内各地の泡盛が並んでいます。長きに渡り愛される料理は、多くの観光客の方はもちろん、地元の方が来沖されたお客様をもてなす際に利用する程人気の味。ラフテーやゴーヤチャンプルーなどの代表的な沖縄家庭料理から、味付けした豚肉にゴマペーストをまぶした『ミヌダル』など、珍しい琉球王朝時代の宮廷料理も楽しめます。うりずん発祥の名物『ドゥル天』はほっこりする優しい味。沖縄だけでなく東京にも支店がある有名店で、沖縄の夜を満喫ください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

FUYUKI(@fuyukihijiri)がシェアした投稿

沖縄〜🌺琉球居酒屋うりずん🍶ドゥル天〜うまし😋✨身体が喜ぶ琉球料理❤️ ・

ゆうなんぎい 沖縄料理、居酒屋、沖縄そば

住所:沖縄県那覇市久茂地3-3-3
TEL:098-867-3765

食べログでも絶賛されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Toshikazu(@toshicazu)がシェアした投稿

ちょっと沖縄に来ています。
晩ご飯は沖縄料理の有名店ゆうなんぎい。
ここのラフテーは、珍しい味噌味なんです。✨😋
とても美味しいですよ! フーチャンプルー、ミミガー、もずくの天ぷらも頂きました。
#ゆうなんぎい #国際通り #なは

ひとし 本店 居酒屋、魚介料理・海鮮料理、寿司

住所:沖縄県石垣市新栄町15-8
TEL:0980-83-9610

食べログでも絶賛されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

さとちん(@satochin0212)がシェアした投稿

石垣島のホテルは朝食だけついています(無料)。夜は居酒屋めぐり。
1ヶ月、もしくは2ヶ月前じゃなければ予約が取れない人気店に予約無しで出かけています。裏ワザがあるのです😆そちらは後ほどブログに書きますね。
人気なのも納得のおいしさと安さでした!なんせ滞在中2回も出かけちゃったもの。口の中でとろける石垣牛のにぎりは一貫280円。石垣産本マグロやシャコ貝の刺身もうまうまでした。
やっぱり旅先ではその土地のおいしいもの食べなきゃね!

旬菜処 びいどろ 居酒屋、沖縄料理、創作料理

住所:沖縄県那覇市牧志1-11-1 2F
TEL:098-863-7870

食べログでも絶賛されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

のりのり♡ᵕ̈*⑅(@nanon0807)がシェアした投稿

夜は沖縄料理の美味しい店
#旬菜処びいどろ さんへ


お通しが県産本マグロの白子とミーバイの漬けのお鮨( ᐛ )ンマッ💕
こちらのお店は何を食べても美味しい⊙◊⊙✧̣̥̇来沖した酒呑み夫婦はシマー(泡盛)をストレートで味見した後少しのアイスでロックにしはります🤣なんぼほど呑むやらωω夜は長し、朝は早い(-ω-)笑💧

まーちぬ家 居酒屋、沖縄料理

住所:沖縄県那覇市前島2-7-14
TEL:098-863-5159

食べログでも絶賛されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

なおみ。(@naomi.n.u)がシェアした投稿

まーちぬ家
那覇で大好きな沖縄料理屋さん✨
特にもずくの天ぷらがオススメ😋

山羊料理さかえ 肉料理、沖縄料理、居酒屋

住所:沖縄県那覇市牧志3-12-20
TEL:098-866-6401

食べログでも絶賛されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

y. y. y.(@yyybites)がシェアした投稿

人生初めての山羊料理!
.
雰囲気も匂いも料理も色々と強烈ですがそういうのが好きな人にはおススメです!!
.
他の店で食べた山羊さしより明らかによくてほんと美味しいかった。たまちゃんも必食です。
.
山羊汁売り切れだったから、次回は山羊汁頼みたい!
.
人参しりしりも美味しいかったなぁ🥕
.
お店のおねぇさんが山羊料理以外のもの色々サービスしてくれたし、家庭料理風で美味しかったし、帰りにお土産もくれたしで嬉しかった♡泡盛のみすぎたー!笑
.
#山羊料理さかえ
#山羊料理
#那覇グルメ
#沖縄グルメ

メンガテー おでん、沖縄そば、居酒屋

住所:沖縄県石垣市美崎町10-19
TEL:0980-82-8065

食べログでも絶賛されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

しー©️🍦(@bigdip_24)がシェアした投稿

島の晩ご飯🍢

メンガテーでおでん盛り🍢

2年前に行きそびれて
今回やっと行けました。
石垣島出身のお友達が
美味しいと言ってたので
楽しみにしてました😋

メニューはおでん盛りと
八重山そばのみ。

沖縄のおでん🍢、テビチや空芯菜も
入っててめっちゃ美味しかった😋👍

#石垣島#石垣島グルメ#島ご飯
#メンガテー#沖縄おでん#美味しい

泡盛とは?

泡盛の大きな特徴は次の4点といえます。
1. 原料に米を使用する。主にタイ米
2. 黒麹菌を用いる。
3. 仕込みは1回だけの全麹仕込みである。
4. 単式蒸留機で蒸留する。

麹はお米や芋などの穀物でお酒をつくるとき、原料を糖化させるためにぜひ必要なものです。
日本酒には黄麹、焼酎は主に白麹が使われるのに対し、泡盛造りに使用される麹菌は、「黒麹」。泡盛の特徴はなんといってもこの「黒麹」を使うという点が挙げられます。

また、泡盛の原料には一部の銘柄を除き、インディカ種(細長い系統のお米)のタイ米が使用されています。これは昔からの伝統で、粘り気の強い日本のお米(ジャポニカ種)に比べ、硬質でさらさらしているため黒麹菌が菌糸を伸ばしやすい(米麹をつくりやすい)という特性があり、もちろん、香りや味わいに泡盛独特の風味を出す要因となっています。

こうして、原料のタイ米を、黒麹を使って米麹にし、それに水と酵母を加えてもろみにし、2週間ほどアルコール発酵させます。このシンプルな工程は「全麹仕込み」といわれ、泡盛独特のものです。泡盛以外の国内の焼酎はこの仕込みの工程を2度に分けて行います。これも泡盛の大きな特徴となっています。 さて、2週間ほど発酵させたもろみを蒸留させるといよいよ泡盛が出来上がります。このときに使われる蒸留機は「単式蒸留機」と定められています。単式蒸留機は、もろみに含まれる成分をほどよく蒸気に含ませるため、原料の風味をあますところなく蒸留酒に反映させるという特徴があります。

さらに、こうやってできる泡盛には、「古酒に育つ」という大きな魅力があることも忘れてはいけません。
ウイスキーやブランデー、ワインなどにもビンテージ物はありますが、泡盛は、大切に管理していけば、100年、200年の古酒に、それも各ご家庭で、育てることができるのです。

沖縄県酒造組合公式サイトより引用

沖縄県に行きたいな、と思ったら

姉妹サイト「開け!赤門」で沖縄県の情報をご紹介しています。

日本全国の美味しいお酒

日本の旨い酒が飲みたい!全国で人気の日本酒 おすすめの洋酒 世界が称賛する日本の美味しいお酒

北海道の旨い酒が飲みたい!

青森県の旨い酒が飲みたい!

秋田県の旨い酒が飲みたい!

山形県の旨い酒が飲みたい!

宮城県の旨い酒が飲みたい!

岩手県の旨い酒が飲みたい!

福島県の旨い酒が飲みたい!

新潟県の旨い酒が飲みたい!

長野県の旨い酒が飲みたい!

群馬県の旨い酒が飲みたい!

茨城県の旨い酒が飲みたい!

栃木県の旨い酒が飲みたい!

千葉県の旨い酒が飲みたい!

埼玉県の旨い酒が飲みたい!

東京都の旨い酒が飲みたい!

神奈川県の旨い酒が飲みたい!

静岡県の旨い酒が飲みたい!

山梨県の旨い酒が飲みたい!

愛知県の旨い酒が飲みたい!

石川県の旨い酒が飲みたい!

富山県の旨い酒が飲みたい!

福井県の旨い酒が飲みたい!

岐阜県の旨い酒が飲みたい!

滋賀県の旨い酒が飲みたい!

京都府の旨い酒が飲みたい!

大阪府の旨い酒が飲みたい!

三重県の旨い酒が飲みたい!

奈良県の旨い酒が飲みたい!

和歌山県の旨い酒が飲みたい!

兵庫県の旨い酒が飲みたい!

岡山県の旨い酒が飲みたい!

広島県の旨い酒が飲みたい!

鳥取県の旨い酒が飲みたい!

島根県の旨い酒が飲みたい!

山口県の旨い酒が飲みたい!

愛媛県の旨い酒が飲みたい!

香川県の旨い酒が飲みたい!

徳島県の旨い酒が飲みたい!

高知県の旨い酒が飲みたい!

福岡県の旨い酒が飲みたい!

佐賀県の旨い酒が飲みたい!

長崎県の旨い酒が飲みたい!

熊本県の旨い酒が飲みたい!

大分県の旨い酒が飲みたい!

宮崎県の旨い酒が飲みたい!

鹿児島県の旨い酒が飲みたい!

沖縄県の旨い酒、泡盛が飲みたい!

山梨県の美味しいワインが飲みたい!

日本の美味しいビールが飲みたい!

沖縄県の地酒、泡盛、旨そうだねえ!それではみなさん、今夜も美味しいお酒、いただきましょう!

姉妹サイトもよろしくね!

こちらでは沖縄県の美味しいお米を紹介しています。

全国のグルメやお土産等を紹介しています。開け、赤門!

こんな商店街があったら楽しいな!赤門商店街

-日本酒 焼酎 地酒
-

Copyright© Red Doors Japan , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.